スペシャルコンテンツ 税理士を替えた理由 worst10

税理士を替えた理由

当法人利用者が税理士を替えた理由をランキング!

私はこんな理由で税理士を替えました

本来、会社の数字をお任せしている税理士を変更するという事は、よっぽどの理由がない限り、
ないものです。しかし、当法人へご相談された経営者の方が税理士を変更された理由は、
よっぽどの事でなく、税理士の基本的な姿勢や能力の問題なのです。
貴社がよりよいステージに立つには、優秀な・能力の高い=役立つ税理士が必要です。
さあ、今までのご利用者からのランキングを参考し見直しをご検討下さい。

worst1 経理をするだけで、アドバイスがない・・改善できない。

worst2 業界の専門性がないので、経営相談しても的外れ。

worst3 会社の資金繰りを考えてくれない。

worst4 顧問料が高い。

worst5 専門用語が多く説明がわかりにくい。

worst6 会計ソフトに対応でいない。自分の都合で会計ソフトを買わせる。

worst7 税務署の言いなりで方策がほとんどない。

worst8 会社ステージにあった節税対策をしてくれない。

worst9 フットワークがわるく、思うように相談できない。

worst10 アウトソーシングしたいのに、社内へ作業を戻してくる。

結果的に、経営者と二人三脚で、税務をみれていない税理士なのではないでしょうか?
経営側面で、中期・長期的な方策を必要としているが、そのアドバイスを税理士が行っていないため、伸び悩みなどの不安があり、当法人へ相談されているようです。

もしどれか1つでも当てはまったら、税理士を替えることをお勧めします。

役立つ税理士ナビへの問い合わせ&申込はこちらから