スペシャルコンテンツ 税理士選びのポイント

税理士選びのポイント

税理士を選ぶ際、何をポイントにすればいいのでしょうか?
様々なポイントがありますが、わかりやすく以下にまとめました。
当法人に登録の税理士は、これらをクリアした高い能力の税理士です。

税理士選びのポイントは?

税理士を選ぶ際のチェックポイント

税理士にも、得意・不得意があります。貴社の業種・業態が専門の税理士を選ぼう

会社のステージや業界・規模・依頼したい業務内容などに合った税理士を選ぶべきです。

本音で付き合える先生でしょうか?はっきり話ができる税理士とパートナー関係で。

税理士は、二人三脚で企業を発展させてくれる、ビジネスパートナーとして、選ぶべきです。


会計処理だけをするのでなく、総合的なアドバイスできる税理士ですか?

依頼された作業だけを行う税理士ではありませんか?専門家として助言や方策ある税理士を選ぶ事が大切

御社を担当している税理士の他の顧問先は、順調な業績ですか?

税理士の評価は、顧問先の業績??一概には言えませんが、ひとつのポイントであると思います。


顧問先の税務調査の状況などを聞いてみましょう。先生の対策・方針がわかります

毎年決算をきっちりできているからといって、税務調査で修正申告がないとは限りません。ここもポイントです

他分野のネットワークが豊富でしょうか?税理士だけで大丈夫といってませんか?

経営的アドバイスを行うには、様々な角度からのアドバイスが必要です。豊富なネットワークが必要です。


上記ポイントからわかるように、税理士選びのポイントは、簡単にいえば、優秀な税理士は、専門分の知識と方策、その経験・実績を持っているという事です。上記のポイントを質問形式にして、税理士に投げかけてみて下さい。すぐに、優秀かどうか判断がつくはずです。

こんな税理士要注意!

□事務所の若手税理士や担当者にまかせっきりにしている
契約当初は、先生が見てくれていたが、今は若手や担当者にまかせっきりになっていませんか?
ある程度、組織的に行っている税理士事務所は、利点も多くあります。ただし、メリットでなくデメリットもあります。貴社に対してデメリット部分は、排除しなくてはいけません。
□税務調査の際、税務署の言いなり、当たり前の事しか言わない。
基本的に専門家である税理士にまかせていたが、修正申告が必要だったとか、大幅に持っていかれたという事はありませんか?
しっかり対策と方策をもっている税理士が必要ですね。
□税務の知識や専門的対応を貴社に求める。
勉強した方がいいとか、自分達で調べろとか、貴社に専門性を求める税理士ではありませんか?
自分の役割や立場を勘違いしているのかもしれませんね。
□勉強不足な対応はありませんか?
法律は年々かわりますので、専門家は勉強していないといけないのです。
常に最新の情報を知ってアドバイスするというのが、適切だと思われます。

こんな選び方をしていませんか?

このような選び方をしていると、専門外だったり、言いたい事が言えなかったりするおそれがあります。
税理士の変更をご検討してみてはいかがですか?

  • タウンページで探す知人からの紹介
  • 身内の税理士に頼んでいる・・・
  • 知り合いが付き合っている税理士先生

もしどれか1つでも当てはまったら、税理士を替えることをお勧めします。

役立つ税理士ナビへの問い合わせ&申込はこちらから